特定自主検査

車両系建設機械・フォークリフトなどにも、自動車の車検制度に似た検査制度があります。
上記に示すような、労働安全衛生法(施工令)で指定された一定の機械については、定期自主検査(年次・月次など)を行う必要があります。

定期自主検査を行わなければならない器械のうち、建設機械(油圧ショベルなど)や荷役運搬機械(フォークリフトなど)等、特定の機械については、1年以内に1回(不整地運搬車は2年に1回)、一定の資格を持つ検査者の検査を受けなければなりません。
この検査を「特定自主検査」といいます。

フォークリフト

フォークリフト特定自主検査及び一般整備

フォークリフトを定期的に点検すること(定期自主検査)は、未然に事故を防ぐだけでなく、故障・休車を減らし作業効率を上げることにつながります。
三栄自動車は、お客様のフォークリフトを点検して、お客様の安全を確保しなければなりません。

定期自主点検
種類特定自主検査(年次点検)月次点検
時期年1回月1回
検査資格国家資格を持った検査者または、許可を得た検査業者でなければ実施できない左記資格が無くても実施できる
検査事項
  1. 原動機の異常の有無
  2. 動力伝達装置の異常の有無
  3. 走行装置の異常の有無
  4. 操縦装置の異常の有無
  5. 制動装置の異常の有無
  6. 荷役装置の異常の有無
  7. 油圧装置の異常の有無
  8. 電気装置の異常の有無
  9. 車体・ヘッドガード・バックレスト・警報装置・方向指示器・灯火装置及び計器の異常の有無
  1. 制動装置、クラッチ及び操舵装置の異常の有無
  2. 荷役装置及び油圧装置の異常の有無
  3. ヘッドガード及びバックレストの異常の有無
修理異常が見つかった場合には、直ちに補修・調整・補充・交換など、必要な処置をする
検査後フォークリフトの目立つ所に実施年月日を明記した検査済ステッカー(検査標章)を必ず貼付する
検査結果は必要事項を記録し、3年間保存する
罰則実施しないと50万円以下の罰金に処される
(「特定自主検査(年次)」は、無資格者が行っても実施したことにはならない)

始業点検(作業開始前)も法令で義務付けられています

事業者は、その日の作業する開始する前に、以下の事項を点検しなければなりません。

  1. 制動装置及び操縦装置の機能
  2. 荷役装置及び油圧装置の機能
  3. 車輪の異常の有無
  4. 前照灯、後照灯、方向指示器及び警報装置の機能

特装車両

パッカー車他の年次検査及び点検・一般整備

特装車両の安全は専門知識を持った整備士が、信頼ある整備を三栄自動車では行っております。
安心してお任せ下さい。

【取扱い可能車種(一部)】

  • 強力吸引作業車
  • パッカー車(回転式塵芥収集車)
  • 高圧洗浄車
  • バキュームカー(糞尿車)
  • 高所作業車
  • 移動式クレーン車
  • 建設荷役車両

※上記以外にも対応可能車種はございます。詳しくはお問い合わせください。

 

↓